婚約指輪は手作りが主流|この世に二つしか無い逸品

価値のある指輪を買う

夫婦

ゴールドは人気商品

婚約指輪の定番といえばプラチナとゴールドになります。特にゴールドは市場でも需要のある商品なので資産的な価値もあるのです。またゴールド素材は基本的に市場価値が安定している特徴も持っています。素材の耐久性は変質や変色を起こしにくく純度によって内容が変わってくるのです。75%ほどの金を含んでいる婚約指輪を18Kと呼んでいます。プラチナに食らえるとかなり安い金額で手に入れる事ができるため、コスト削減しつつも資産価値のあるものが欲しい人にいいでしょう。プラチナリングよりも安いだけに浮いたお金でグレードの高いダイヤモンドを選択できます。金素材を多く含んでいるものは柔らかく変形しやすいため、仙台のお店で買うときは18Kの婚約指輪がおすすめです。

プラチナは定番素材

婚約指輪だけでなく結婚指輪でも人気があるのがプラチナ素材の指輪になります。美しい輝きを持っている純白の指輪で変色や変質を起こしにくい特徴があるのです。生産数がかなり少なく希少性があります。仙台のお店でも購入できるのです。ブライダルリングを選ぶ時80%以上の方がプラチナ素材にするほど人気商品となっています。ゴールド同様プラチナにも純度があって、純度の高いものほど強度が下がるのです。仙台で売っているプラチナリングは一般的にプラチナ900が基本といえます。デザインではなく純粋に素材の美しさを求めている人に適した指輪です。年齢を重ねても違和感なく身につけられるところもプラチナの魅力と言えるでしょう。仙台のお店を利用する時は検討してみるといいです。